合成タウリンと天然タウリンの違い

実はタウリンには合成と天然の二種類があります。
どちらの方が健康に良いのか知りたいと思われるでしょう。
では、どちらがおすすめなのか、そしてどんなタウリンサプリメントが効果的なのか説明します。

 

結論から言うと合成タウリンも天然タウリンも期待出来る効果は同じと言えます。
この二つのタウリンは作り方が違うだけで肝臓や体に働きかける効能は変わらないのです。
天然タウリンというのはたこやシジミなどの魚介類から摂られていたり、牛の胆汁などから抽出されたりしています。
天然タウリンというのは健康のためだけでは無く、料理にうまみを与えるものとして天然添加物として色々な食品に使われています。
合成タウリンというのはエチレンという化学物質から作られています。
基本的に栄養ドリンクや健康サプリメントなどに使われているタウリンは合成タウリンです。
強いて合成タウリンと天然タウリンの違いを挙げるとすれば、体内に残留物が残るかどうかです。
もし大量に合成タウリンを摂取すると体の中に化学反応によって合成された残留物が残り、体質によってはアレルギー反応を引き起こします。
お腹が痛くなったり、嘔吐などの症状を引き起こすことがあるのです。
しかし、これは決められた用量を守らなかったときだけ引き起こされるものなので、指定されている用量通りサプリメントを飲んでいれば大丈夫です。
一方天然タウリンはすべて体の中で消費されますので副作用はありません。

国産の牡蠣から抽出されたタウリンサプリがベスト!

安心してタウリンを摂取したい方は国産の牡蠣から摂ったタウリンサプリメントがベストと言えるでしょう。
牡蠣から摂られたタウリンは交感神経の働きを上手にコントロールしてくれます。
そのために血圧の異常な上昇を防いでくれたり体の中のコレステロールを消費してくれたりすると言われているのです。
また、牡蠣から摂ったタウリンは肝脂肪もしっかりと予防してくれると期待出来ます。
肝臓に脂肪が溜まっていく肝脂肪は、動脈硬化などの原因となり多くの日本人が患っています。
不規則な生活をしていたり、飲み会などが続いていたりするときには特に気をつけなければなりません。
そんなときには牡蠣から摂ったタウリンサプリメントを飲んで、毎日必要なタウリンを十分に摂取しましょう。
牡蠣から抽出したタウリンは天然なので、仮にたくさん摂り過ぎてしまっても副作用の心配が無いのもうれしいポイントです。

 

安心という観点からすると天然タウリンの方が良いという方もおられるでしょう。
そんな方は、国産の牡蠣から抽出されたタウリンサプリメントを選ぶようにしましょう。