肝臓に良いタウリンの働き

年齢が進んでいくと肝臓の状態が気になります。
そうすると肝臓に良いと言われるタウリンやそのほかの成分の力に頼りたくなりますが、まずそれぞれの成分が具体的にどのように肝臓に良いのかを知りたいと思いませんか。
肝臓にどのように良いのかタウリンやその他の成分の効能を調べてみました。

 

簡単に言うとタウリンは肝臓を元気に健康にしてくれます。
肝臓というのは胆汁を作り出し、コレステロールの消費を促します。
しかし、肝臓の元気がなくなってくるとこのコレステロールの消費が上手くいかず、コレステロール値が高くなり健康を害する恐れがあるのです。
そこでタウリンが肝臓を元気づけ、血液中のコレステロール値を安定化させます。
肝臓の別の働きとして摂取したアルコールを分解するというものがあります。
このアルコールの分解は肝臓にとって負荷の高い作業ですが、タウリンが十分にあればアルコール分解を促進する酵素が増えて肝臓の負担を和らげるのです。
また、タウリンは肝臓機能が障害を受けたときに、肝細胞を再生させて肝臓の機能を戻す助けをするとも考えられています。
肝細胞というのは繊細な細胞で、ストレスがあったり、過度の飲酒をしたりするとすぐに傷ついたり弱ったりしてしまいます。
そうすると、肝臓に脂肪が付きやすくなり色々な生活習慣病を発症します。
しかし、タウリンは肝細胞を復活させ、肝臓に付こうとする脂肪を体外へ排出してくれると言われています。

タウリン以外で肝臓に良い成分

肝臓に良いとされているのはタウリンだけではありません。
オルニチンやスルフォラファンと言う成分も良いとされているのです。
オルニチンというのはシジミにたくさん含まれている成分で、体に有害なアンモニアなどを尿として排出するような働きがあります。
この働きは基本的には肝臓で行われているので、オルニチンを摂取することにより体の中から毒素をきれいに排出すると期待できるのです。
スルフォラファンはブロッコリーなどに含まれている成分で肝臓の解毒作用を促進します。
スルフォラファンを効果的に摂取することによって肝臓を原因とする多くの問題を未然に防げると言われています。
お酒を飲む人には有名なウコンも肝臓には良い成分です。
特に肝臓に脂肪が付きやすくなる脂肪肝に効果を発すると考えられています。
ウコンにより胆汁が多く分泌され脂肪が分解されるのです。

 

肝臓は健康な毎日を過ごすのに欠かせない器官です。
ですから、タウリンやそのほかの成分を十分に摂取して大切にしてあげましょう。